痕を残さない

看護師

レーザーメスなど

ほくろを無くしたい人は美容外科に行き治療する事をお勧めします。自分で針などを使用して取り除く事も可能ですが、皮膚下を針でほじくったりすればダメージが残ります。まず、自分で処置を行えば下手をすると痛みを伴う場合もあります。最悪の場合には、処置箇所が化膿したり、処置痕が残ったりする場合もあります。この様なトラブルを回避するには、美容外科に行く事が一番です。美容外科では様々な治療法でほくろを治してくれます。時間と費用があるならば、レーザー治療を受ける事をお勧めします。これは皮膚にレーザーをあて、ほくろを消す方法です。イメージ的にはレーザーで薄く焼き剥がすイメージです。この方法だと基本的には治した痕が残りません。レーザーの照射も一度に一気に行いません。数回通院してほくろをどんどん薄く消すイメージです。痛みを伴わないので時間とお金のある人にとてもお勧めです。美容外科ではレーザーを照射する方法以外にも様々なほくろを無くす為の治療を確立しています。自分で処置すれば、処置後にトラブルが発生する恐れがありますが、美容外科ならその様なトラブルは起きません。綺麗に痕を残さずに治療を行いたいならば、美容外科にて処置をする事をお勧めいたします。美容外科では様々なほくろの治療を行っています。一般的な治し方は切除する方法です。美容外科では基本的に無痛治療を心掛けています。切除と言っても決してきつい痛みが伴うものではありません。美容外科では切除に通常のメスを使いません。使用するのはレーザーメスです。このレーザーメスは刃物で対象を切り取るのではなく、レーザーにて焼き切るスタイルとなります。レーザーメスを使用した場合、ちくっとした刺激を感じますが、刃物で切られた様な鈍痛は伴いません。美容外科でのほくろの治療はレーザーによる切除が一番主流となっています。対象の大きさが大きな場合は縫合もいたします。縫合も最近は使用する糸などが進化しており、切除面が痕として残らない様になっています。美容外科はこの施術に長けているので、基本的にはどの部位のほくろでも治してくれます。しかも、綺麗に痕が残らないように治してくれます。レーザーメスによる切除は特殊な部位でなければ施術したその日に家に帰る事ができます。短時間で施術が終わるので肉体的、精神的な負担が少なくなっています。他にもほくろの治療には薬品を使用するタイプがあります。これは美容外科で用意する薬剤付きの専用パットを使用します。治すのに時間が掛かりますが、痛みを伴わないのでお勧めです。美容外科では他にもレーザー照射など様々な治療方法が用意されています。

女医

種類に合った方法で切除

顔に出やすいほくろはMiescher母斑、体に出やすいのはUnna母斑です。いずれもレーザー治療が有効ですが、顔は目や鼻の周りはくり抜き法が適するといわれています。また、再発を防ぎたい場合は切除が適当です。

女の人

美容外科でできる施術

皮膚の表面にできるほくろは美容外科を利用すれば治せますけど、治療方法の特徴を知っておくと困らずにすみます。ほくろの形や大きさによっても手術のやり方が変わるので、どういう形になるのか医師に十分確認しておくべきです。

ウーマン

コンプレックスを解消

ほくろ治療が人気の一番の理由は、コンプレックスを解消できることでしょう。治療にかかる費用はレーザーなら5000円から1万円、メスを使った切除法なら4万円から5万円が相場になります。また、メスを使った方法は保険が適用されることもあります。

カウンセリング

カウンセリングの対応

ほくろ治療を受ける際の流れは、まずカウンセリングを受けて治療法を決めた後、実際に施術を行います。優良な美容外科を選ぶには、カウンセリングの対応や実際に施術を受けた人の口コミを基準にすると良いでしょう。

Copyright© 2018 美容外科のほくろ治療は跡が残らない【基本的に無痛治療】 All Rights Reserved.