コンプレックスを解消

ウーマン

料金は施術法で変わる

口元や目元にあるほくろはセクシーに見えるなどチャームポイントとして認識されることもありますが、できる場所によってはコンプレックスになることもあります。特に、盛り上がったタイプのほくろは化粧で誤魔化すことも難しいため、美容整形手術で除去してしまう人も多いようです。ほくろ治療の人気が高い理由はコンプレックスを改善できることが一番ですが、治療法によってはほとんど跡を残さずに除去できることがあげられるでしょう。ほとんどのほくろはレーザー治療が施されますが、照射した部分の肌が治癒すると肌の陥没や傷跡なども残りません。施術時間も短く、1つのほくろに対して5分程で完了します。手軽に受けられることも、人気の理由と言えるでしょう。また、近年は美容整形がより身近になっており、美容外科に行くことに抵抗が少なくなっていることもあげられます。まるでエステで肌のお手入れをする感覚で治療を受ける人も多いようです。口コミなどで実際に治療を受けた人の意見を知ることもでき、満足度の高い施術であることを確認してから受けることもでき安心感もあります。コンプレックスは美容整形で克服するという世論が高まってきていることが、人気の後押しをしているともいえます。ほくろ治療にかかる費用は、大きさや治療方法、美容外科によっても異なりますが、レーザー治療を行う場合は5ミリ以下なら5000円から1万円が相場となります。1度で治療できず数回通わなければならないこともありますが、その場合は追加料金がかかるのが一般的です。2回目以降の料金は、1回目よりも安くなる場合が多く、2000円から5000円で受けられるのが相場です。ほくろが大きい場合は、レーザーではなくメスで切除する施術が行われますが、費用は4万円から5万円が相場となります。日常生活に支障があったり、悪性のほくろのだったりの場合、メスでの切除法は保険が適用されるため、さらに費用を安くすることも可能です。保険が適用される場合は、2万円から3万円が相場となります。ただ、メスでの切除法はダウンタイムが長くなるため、完治するまでに半年以上かかることもあります。メスを使って切除した後縫合するため、小さい傷跡も残る方法です。そのため美容外科でほくろ治療を受ける場合は、料金だけを見て選ぶのではなく自分に合った方法であることをしっかり見極めることも大切です。適切な料金の美容外科を見つけるには、1つの美容外科だけではなく、複数の美容外科で料金を確かめてみるのが良いでしょう。

Copyright© 2018 美容外科のほくろ治療は跡が残らない【基本的に無痛治療】 All Rights Reserved.