カウンセリングの対応

カウンセリング

口コミでの評判

美容外科でほくろ治療を受ける時の流れは、4つのステップに分かれます。1つ目のステップは美容外科でカウンセリングを受けて、自分に合った治療法を決定することです。一般的なのはレーザーによる治療ですが、大きさによっては切開法を行う場合もあります。2つ目のステップはほくろの治療です。まずはほくろの周辺に麻酔を注射して痛みを感じないようにします。そして、レーザーを照射してほくろを除去します。麻酔をしているので痛みは感じず、施術時間も短く1つにつき5分ぐらいです。その後は、レーザーを照射した部分にテープを貼って完了です。テープを貼ることによって、きれいに早く治すことができます。3つ目のステップはアフターケアです。施術後に貼ったテープは1週間ほどで取ることができるので、その後は自宅でのホームケアを始めます。ほくろ治療をした部分は敏感になっているため、紫外線の影響を受けやすくなっています。テープを外した後は、紫外線を予防する効果のあるクリームを塗って保護しましょう。美容外科で処方してもらうのが一般的ですが、処方してもらわなかった場合は日焼け止めを塗って保護します。色素沈着を防げるので、施術部分がシミになる心配もありません。ほくろ治療を受けるなら、優良な美容外科を選びたいものですが、選ぶ際の基準としては色々な選択肢を用意してくれることがあげられます。治療をごり押ししてきたリ、どんどん勝手に話を進めるような美容外科は避けるのが無難です。しっかりと話を聞き、患者に寄り添った提案をしてくれる美容外科にしましょう。そして、メリットとデメリットをしっかり教えてくれることも基準となります。ほくろは、1度治療したからと言って再発しないとは限りません。再発しないように深いところまでレーザーを照射すると、肌が陥没する恐れもあります。跡が残らないように治療する場合、100%再発がないとは言い切れません。良いことも悪いことも、包み隠さずに教えてくれる美容外科が信頼できます。また、優良な美容外科を選ぶ際に参考になるのが、実際に治療を受けたことがある人の口コミです。カウンセリングで症例を見せてもらうと技術面の判断はできますが、アフターサービスの良さまでは判断しにくくなります。口コミでは、万が一の時にどのような対応であったのかも赤裸々に描かれていることが多いので、美容外科の質を判断するための基準とできます。色々なサイトをチェックしてみるとよいでしょう。

Copyright© 2018 美容外科のほくろ治療は跡が残らない【基本的に無痛治療】 All Rights Reserved.