種類に合った方法で切除

女医

外科処置に強い美容外科

ほくろは全身のいたるところに出現する良性腫瘍です。メラノサイトが関係しているので黒色が多いですが、薄茶色や肌色など他の色の場合もあります。顔にできるほとんどが、 Miescher母斑と呼ばれるものです。直径7mmくらいまでの大きさで、表面は平らですが丸みを帯びていて、硬い毛が生えていることも少なくありません。若い頃黒かったものも年齢と共に色が薄くなっていきます。これは母斑細胞が皮膚の奥に移っていくのが原因です。治療は大きさや深さに合わせてレーザーか切除が選択されますが、目の周りや鼻翼部などではくり抜き法が適当といわれています。そして頚部や胴体に出やすいのが、 Unna母斑です。黒色よりは淡褐色などのことが多く、表面が凸凹し、大きく盛り上がっています。治療はレーザーが適します。同じく胴体にできやすいほくろにClark母斑があり、手の平や足裏にできたものもこのタイプが多いです。平らですが形がいびつで、色は黒色や淡褐色です。治療は大抵レーザーか切除のいずれかが選択されます。また、幼児期に出やすいほくろのSpitz母斑は顔や胴体、四肢にできやすく、表面がかさかさしています。黒色の他、紅色のことも珍しくないです。治療は切除で行われることが多いです。ほくろは多くが良性腫瘍ですが、まれに悪性腫瘍のこともあります。ほくろを取る治療は悪性腫瘍の場合は保険適用、良性腫瘍の場合は保険適用外です。悪性腫瘍である確率は低いものの、心配であれば皮膚科で診察を受けると安心です。ダーモスコピーという拡大鏡で見れば悪性か否かがわかります。良性腫瘍の場合は保険適用外となるので、料金と処置法方法を説明されて、治療の意思を問われます。皮膚科の場合、小さなほくろでも1個1万円以上かかることが珍しくありません。自由診療費はクリニックで決められるため、料金を比較してクリニックを選ぶのが賢い方法です。良性腫瘍の治療であれば、美容外科という選択肢もあります。美容外科では、ほくろ治療を主にレーザーと切除で行っています。レーザー機器は、炭酸ガスレーザーが用いられることが多いです。しかし、YAGレーザーなど他の機器が有効な場合もあり、これはドクターの所見によって変わります。レーザーでの処置は5〜10分程度で済む手軽なものですが、病理部を残さずに焼き切らないと再発の可能性があるので、実は技術を要する処置です。ですから、レーザー施術の実績が豊富なドクターがいるクリニックが安心です。その点、毎日のようにレーザー施術と外科手術を行っている美容外科はほくろ治療に強いクリニックといえるでしょう。

Copyright© 2018 美容外科のほくろ治療は跡が残らない【基本的に無痛治療】 All Rights Reserved.